フォト

他のアカウント

最近のトラックバック

メールフォーム

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.12

9月12日 あれから1年

Img_0

2013912日 木曜日(先負) 鶺鴒鳴

運命の日

まさしく人生が転換した日です。

生まれかわったのかもしれません。

初救急車、

初入院、

初手術

あの日から1年が経ちました。

忘れられない日ですが、混乱した日でもあります。

時がすぎるのが早いのか遅いのか、正直わからないです。

病名は、脊髄硬膜外膿瘍椎弓切除

病気の詳細はこちらに詳しいです。
背中が痛くて外科に行きましたが、
レントゲンではわかりません。
MRIでないと発見できないそうです。
おかしいと思ったその日の夜に、救急車を呼ぶべきだったと
この点は後悔が残ります。私も、母も。
リハビリの先生曰く、
日数や症状の割には麻痺の度合い、回復傾向も良いそうです。
炎症反応の数値が尋常ではなく(心筋梗塞の危険の倍以上の数値)、
命の危険があったと担当の先生には言われました。
退院時には
「命、拾ったね。よかったね」
そう言われました。
現在では、麻痺は残っていますが、日常生活は送れます。
仕事もしています。
糖尿病も、通常に食事ができ、ずいぶん改善しています。
リハビリそのものは、まだまだ続きますし、
自己努力は年単位となるでしょう。
あのタイミングでなったことで、
これから先の身体、人生にとって
+(プラス)になったことが多くあります。
実際翌月には海外旅行に行く予定でしたから、
行った先で発症していたらと思うと、それはもう。
一方で、
なんで?
こんな病気にならなければ
そう思うことがあるのも事実です。

いつまでも 「たられば」でいても仕方がありません。

現実が見えるようになった時には、 結構時間が経過していました。
県立総合病院に入院中、お見舞いに来ていただいた方の中には、
「意外と元気」と思われた方が多いかと思います。
最初の頃の方が、元気でしたね。
動けないから、母が付き添ってくれて、至れり尽くせりでしたし。
介助されながら無理やり、
ベッドから離れ車椅子に移るようになってからです。
なんでここにいるんだろう
なんで左足は動かないんだろう
なんで? 
看護師さん数人掛かりで抱えられるようにして
車椅子に移乗しても三十分で痛くなり、
ナースコールを押してベッドに戻してもらう。
耐えられない自分。
車椅子に移ってもしばらくの間は
部屋の外に出ようとも思いませんでした。
でたいとも思わなかったです。
少しずつ動けるようになった頃、
理学療法士の先生が部屋にきました。
ベッドの上で少しずつリハビリを始めました。
この頃が契機になったと思います。
リハビリをしないと、
「歩けない」ということをやっと理解したわけです。
手術直後から、担当の先生が
「若いからなるべく早くリハビリ専門病院に転院した方がいい」
ずっと言っていました。
その意味が分かりました。
2週間、ほとんど寝たきりで動けなかった影響で
左足以外の筋力もかなり低下していること。
左足が硬直して、筋力もかなり低下していること。
麻痺の状態、神経そのものがどこまで戻るか分からないこと。
まずは両足で立つこと。
次に車椅子でトイレに行くこと。
目指すことはいっぱいあります。
やるべきこと、
やらなくてはいけないこと、
何もしなければこのまま足は動かない。
やっと道が見えたのかもしれません。
一ヶ月半の県立総合病院での入院、
11月に静清リハビリ病院に転院した時には
歩行具での練習も始まり、
車椅子で行くことができました。
トイレに自分で行けるってことは
素晴らしいことです。
リハビリ病院では毎日毎日リハビリを必死にやりました。
慣れてからは、ほとんど部屋にいないで
リハビリ室で自主トレを行ってました。
やっと体重も落ち始め、足も少しずつではありますが、
車椅子→歩行具→杖と進歩しました。
一ヶ月半のリハビリ入院生活は、
色々な経験の場でもありました。
母をはじめとする家族、
病院の先生方、リハビリ担当の先生
看護師さん、
心配してくださった皆さん
本当にありがとうございました。
18

2014.09.01

下呂温泉食べ歩きw

お盆休みの下呂温泉。

ガイドブックや観光MAPを参考に、
とりあえず、名物と呼ばれているものを
食べ歩きしてみました。

Photogrid_1407938475317


幸月本家 

生どら(200円)
ふっくら生地に、生クリームと十勝産小豆のつぶあんをミックスしたものを
たっぷりサンドした生クリームどら焼き

季節限定の夏どら(220円)は、
白あん&生クリームにトマトのゼリー。

Sn3s0194



ゆあみ屋

温玉ソフト(350円)

足湯に入りながら食べる温玉ソフトが有名です。
温泉たまごとソフトクリームを混ぜると、
カスタードクリームっぽくなります。
他にも温泉で湯煎して温めるプリンなど、
温泉と結びつけたスイーツがあります。

Sn3s0243

飛騨牛まん(400円~500円)

飛騨牛串と同じくらい見かけますが、
まあ、普通でした。


温泉まんじゅう

意外や意外、温泉まんじゅうが少ないです。
基本、お土産屋さんで箱入りのものしかありません。

歩き回って2軒発見。
1軒は橋のたもとの栃の実せんべい屋さん。
栃の実シフォンとかもありました。
1個100円、冷蔵で、すぐ食べるというとチンしてくれました。

もう1軒は温泉街の和菓子屋さん
1個160円
すでに温泉まんじゅうのレベルではありません。
普通に和菓子屋さんのお饅頭です。
おいしいけどね。

Sn3s0353

ブラン・デュ・エトワール

飛騨牛トマト丼

スープ・サラダ付1300円
居酒屋さんやお蕎麦屋さんなどで食べられるようですが、
その時間はおなかいっぱいだったので、早い時間にやっていた、
こちらの雑貨屋さんと合体した飛騨牛専門のカフェでいただきました。
うーん、こんにゃくとトマト、飛騨牛と名産を合わせているのですが、
いまひとつ効果がわかりません。
B級グルメとしては高すぎますよね。

20140813_16082820140813_161149




お土産用に
有名な養老軒さんで栃の実せんべいを買いました。
試食もあるしおいしい。

お土産屋さんの試食は基本少なめですが、
栃の実せんべいは比較的出してありました。
あとは赤カブなどのお漬物ですかね。




おまけ

鶏ちゃん

結局下呂では食べませんでしたが
白川郷から下呂への移動途中のドライブインで
お昼ご飯に食べました。
鶏ちゃんの元を使っているので、美味しかったです。

Sn3s0185

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

最近の写真

  • Photogrid_1448107826337
  • 20150117_092806
  • 20150117_095318
  • Sn3s0460
  • Sn3s0461
  • Mini_141116_1114
  • Mini_141116_1238
  • Mini_141119_1310
  • Mini_141119_1316
  • Mini_141119_13180001
  • Mini_141119_1541
  • Mini_141119_1552